News新着情報

成年後見・債務整理による不動産売買で知っておきたい4つのこと|日本レイズのセミナー

2011.12.21

成年後見セミナー

成年後見人や債務整理による不動産売却には共通点があります。それは、所有者の意志だけでは売買契約が成立しないということです。成年後見人の場合には、家庭裁判所の不動産売却許可が必要です。また、債務整理物件には担保権者の抹消同意を得ることが必須条件になります。

[ ご依頼先 ]

  • 大阪司法書士会・北大阪支部 様
  • 公益法人成年後見センター・リーガルサポート大阪支部 北大阪ブロック 様

[ セミナー概要 ]

  • 日時:平成23年12月21日(水曜日)18:30~20:30
  • 会場:枚方市民会館
  • 講師:株式会社日本レイズ

タイトル:「成年後見・債務整理による不動産売買で知っておきたい4つのこと」

  • ・入札(オークション)と一般的な不動産売買とは何が違うのか!
  • ・成年後見・債務整理による不動産売買契約書の注意点!
  • ・不動産売買に必要な債権者対応のコツ!
  • ・不動産の調査から契約・決済までの流れ!

[ 講師後記 ]

日本レイズの成年後見セミナー

今回は、大阪司法書士会様と公益法人成年後見センター・リーガルサポート様の合同セミナーということで、参加者の募集途中で会場変更するほど多数の先生方に御来場いただきました。前半1時間はオークション理論を交え、関係者の納得感を得られる不動産売却方法について。

また後半1時間は、具体的事例を交えた債権者対応を中心にご説明させていただきました。 また、質疑応答では実務家ならではの鋭いご質問をいただき、弊社での今後の業務にも参考になる貴重な体験となりました。長時間のご清聴のほど、ありがとうございました。